PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

隅田川って 荒川だった? 荒川放水路を学ぶ 荒川知水資料館


このごろ局地的に豪雨となるゲリラ雷雨や洪水の事故よく聞きますよね

隅田川って
東京(江戸)もかつてはよく浸水してました

荒川だった
暴れ川だったことから荒川と名づけられたという
荒川が決壊して浸水してました。
そこで放水路をつくり氾濫を防いだのです
(昔は隅田川が荒川だったことを知る)

荒川の歴史
水色で書かれた部分が放水路。現在の荒川
この地図は荒川放水路ができる前の地図
どれだけ広大な河川工事だったことか・・・

荒川放水路
それを知ったのはこちら

荒川知水資料館
荒川知水資料館

荒川放水路
開館時間は9:30~17:00。入場料は無料です

荒川知水資料館
明治44年、放水路の工事が始まります
昔はこんなもので土砂を運んでいたんですね・・・

治水工事
ミニチュアされてよくわかる
こんな感じで人力で運んでいたんですね

隅田川の歴史
荒川は荒川放水路へ。そして岩淵水門から先が隅田川となりました

岩淵水門
写真を見ると岩淵水門がきちんと機能しているのがわかります

青水門
これが実際の岩淵水門
荒川知水資料館のそばにあります

新河岸川
隅田川に流れ込む新河岸川

新河川法
こちらが荒川。この河川幅員、とんでもない川幅です。
昭和40年新河川法により荒川放水路は荒川と呼ぶようになりました。

20年かかって完成したのは昭和5年。とんでもない大工事
さぞご苦労があったでしょう・・・

タイムトラベラーがあったら昔工事していた人達に
よく作ってくれました。おかけで今まで浸水しなくて
無事に暮らしております。と感謝しに伝えに行きたい


荒川知水資料館
TEL:03-3902-2271
東京都北区志茂 5-41-1
関連記事

| 東京その他観光 | 22時00分 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

かつてワタシの実家は埼玉にあってちょっと先には荒川が流れていましたよ。
河口付近のようにこんな広い川ではなく流れが速く、落ちたら絶体絶命の川でした。
暴れ川荒川の名前の由来よろしく、上流で大雨が降ると水量が増えて土手いっぱいに川幅が広がってしまうオソロシ~イ川でしたよ。

| たそがれちえぞー | 2012/06/19 00:59 | URL | ≫ EDIT

こういう資料館ってなかなか情報を得ることが無いですけど、
こう見ると結構勉強になって面白いですね。

| LUCKYBELL | 2012/06/19 02:03 | URL | ≫ EDIT

治水の歴史、今は何ともなくても、
先人の努力があってこそなんですよね。

地元の河川の歴史を紐解くのも大事なんだなと思いました。

| itchann | 2012/06/19 04:47 | URL |

東京の川も昔はいつも洪水してて大変だったようですね。
整備にお金掛かってなかなか工事が進まなかったようだし。

今も洪水対策してますが、必要のないトコまで無理矢理工事してるとこもあるみたいで、ゼネコンがらみらしいけど。
そういうトコがなければ、昔みたいに必要な工事が着々と出来ると思うんですけどね。

| ちゃげき | 2012/06/19 06:05 | URL |

おはようございます♪

満作さん おはようございます♪

今の東京がこうした大変な努力をされた方々の
お陰様で毎日案心して無事に暮らせるのですね。
昔の事が分かるこうした資料館は本当に大事ですね。
テレビなどでもっと紹介してほしいと思いました。

| sakura | 2012/06/19 06:49 | URL |

ぼんじゅ~^^

歴史を学ぶと、面白さが深まりますね~^^

| ピッコロ企画 | 2012/06/19 07:28 | URL |

この時代の工事は素晴らしいですよね(^^♪
アイデアも素晴らしいし、今でも利用できる治水技術。
日本人でよかったです。
ポチ・ポチと応援完了です。

| アキオロミゾー | 2012/06/19 21:08 | URL |

こういうことは歴史や時代背景を加味して知っておくことが大切ですよね(^^

| ぜっとん♪ | 2012/06/19 23:39 | URL | ≫ EDIT

ご近所の歴史
 面白いですよね。。

 岐阜も田舎だけど 結構歴史はある~
 特に戦国時代だけど(笑)

| bali★toshi | 2012/06/20 09:35 | URL |















非公開コメント

http://www.mansaku-blog.jp/tb.php/3466-292194be

PREV | PAGE-SELECT | NEXT