PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仁寺洞(インサドン) 骨董店が多い理由・・・

記念式典の続きです

インサドン
やってきたのは仁寺洞

仁寺洞
李朝時代に両班(ヤンバン)
という貴族階級が住んだ街

韓屋
路地を一本奥に入ると
韓屋という建物が並ぶ

お土産店
おしゃれなショップや
お土産物店が並ぶ

骨董品
あちこち見かけるのは

年中蚤市
骨董品の数々…
年中蚤の市のよう

鍾路3街
この先を進むと鍾路3街
(チョンノサンガ)で安くて
美味しい飲食店が多い

骨董屋
骨董屋が数多く点在する

ガイドの説明
誰が使うかわからない
古く謎の商品が展示

ガイドのチョンさんが
いろいろと説明して
くださいました(^^)

謎の商品
これわかりますか?

わらで編んだ丸いもの

これよく食堂のおばさん
が配達のときに使うもの
で頭と品物の間に入れ
クッションと滑り止めを
兼ねた商品です(^^)

マッサージ器
マッサージ器?

ガラクタ
下にはミシンやアイロンなど

たまご販売
たまごはわらで編んだものに
包まれて売られており、買って
きても、この形で家につるして
保存していたとのこと。日本で
もこうだったのだろうか・・・。

計り
棒はかりは日本にもありましたね

どじょうすくい
どじょうすくいで見かける、これ
なんでしたっけ? 日本なら竹な
のにこちらではわらみたいです

なぜこんなに骨董品が多いか
ガイドさんが説明してくれました

両班(ヤンバン)という貴族階級
が住んでいた町だったというこ
とに深く関係します。階級制度
は日本統治時代に廃止されま
すが、贅沢な暮らしに慣れた
両班はお金がなくて家にあった
家財を少しずつ売りに出して
家計の足しにしていったから
骨董品屋が多くなったとのこと

なるほど、貴族の使っていた
家財は庶民では手がでない
ものが多く、その品物を安く
入手できるのがここだった
から人が集まったのでしょう

集団行動
歩いていたらブロガーの
みなさま集まっています

行列ができる店
何かと思ったら冬の風物詩
ホットクというお菓子食べて
いたんですね。ここは有名店
らしいのですが、今は珍しく
行列で出来てなかったと聞く

ホットク
では、満作も一つ購入

冬の風物詩
1000ウォン約100円でした

ナッツ入り
少しナッツが混じり黒蜜の
入った甘いタイプ。うま~


雪氷
雪氷(ソルビン)はここにも
あったのね。レポはこちら

ワークショップ
イングリッシュ・ワークショップ
サービス? 日曜の13:30 って
どんなサービスなのか興味あり

奥に見える変わった建物は鍾路
(チョンノ)タワー。自分の居場所を
把握する目印にしています(^^)

バッティングセンター
これはバッティングセンター
インサドンにもあったとは!

激安靴
靴が9900ウォンというと
日本円で約千円! 激安!

デザイン
デザインがわかるように近くに
寄ってパチリ。いかがでしょう?

仁寺洞屋台
この辺は屋台が多い

リヤカー
リヤカーを改造しているみたい

自由商売
誰もが商売をしていい
自由商売が当たり前

移動販売
日本は屋台や自由商売が
規制されてなくなってしまっ
たが、商店街がなくなって
しまった今。こういう屋台が
必要なんじゃないでしょうか

FAMツアーは続きます

続きはこちら

< 取材協力:日本空港ビルデング(株)、韓国空港公社>
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑これ満作です。ペシッ!と一発お願いします(笑)
関連記事

| 羽田金浦FAMツアー | 01時00分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

イタリアも屋台が多かった。
ローマで子ども用のスーツケース買いましたが、
それも屋台ででした。

日本は規制がキツイんでしょうね。

| itchann | 2015/12/16 05:34 | URL |

そういう歴史があるんですね。

| ぜっとん♪ | 2015/12/16 07:42 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> イタリアも屋台が多かった。
> ローマで子ども用のスーツケース買いましたが、
> それも屋台ででした。
>
> 日本は規制がキツイんでしょうね。

itchannさん、コメントありがとうございます
日本は規制されてダメダメですよね
やはり自由商売って経済の要かも(^^)

| 豊年満作 | 2015/12/16 07:48 | URL |

Re: タイトルなし

> そういう歴史があるんですね。

ぜっとん♪さん、コメントありがとうございます
そんな歴史があったとは
話を聞いて納得しました(^^)

| 豊年満作 | 2015/12/16 07:55 | URL |















非公開コメント

http://www.mansaku-blog.jp/tb.php/4684-f9513a77

PREV | PAGE-SELECT | NEXT