PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

国立慶州博物館 この規模で入場無料は素晴らしい

香積院(ヒャンジョンウォン)の続きです

国立慶州博物館
次にやってきたのは
国立慶州博物館

入場無料
こちらの博物館は入場無料
というなんとも太っ腹な施設

展示物が多い
無料といえど一つの建物が
大きく、展示棟も分かれてい
るほど展示物が多いのです

多宝塔
仏国寺で見た多宝塔

ここにはレプリカがあった

新石器時代
日本語での説明あり
すべては紹介できま
せんが一部紹介します

新石器時代
新石器時代は、約1万年前に氷河期が終了して環境の変化に適応し、土器と磨製石器を製作していた文
化段階です。人々は川辺や海岸で生活しながら漁業、狩猟、植物採集、農耕を営んで食料を獲得してい
ました。慶州と周辺地域ではこの時代の住居、墓、貝塚が発掘されており、我が国で最も古くさかのぼる、
舟および櫓と推測される木製品も発見されています。


石器
日本でも見たことがある石器

文化
時代が進むにつれ
道具も進化します

鍬
これは鍬だったみたい

矢尻
狩猟のための矢尻ですね

王家の墓
王家の墓に入っていた
装飾品が盗賊に遭わず
に残っていたとのこと!!

馬の鎧
馬にもよろいが・・・

ガラスのネックレス
ガラスのネックレス
新羅の時代に既に
ガラス細工があった
という説明でびっくり!!

水晶
こちらが水晶で、日本
でも見かけるものです

勾玉
こちらがヒスイの勾玉

ベルトバックル
ベルトのバックル。皮と
思われるベルトは朽ち
果てて形がないと説明

王冠
王冠。もちろん金ですよね!

靴
これはよくわかったおらず
鬼を踏み潰すために鋲が
打ってあるとの説明でした

想像図
想像図がCGで表現されてました

金の装飾品
金の装飾品や

グラス
ガラスのグラスなど

タッチパネル
タッチパネルディスプレイ
で何か操作している・・・

デジタルズーム
お~拡大してみることが
できるんですね。すごい!

統一新羅の隆盛と滅亡

統一新羅の隆盛と滅亡
新羅は660年に百済、668年に高句麗を順に滅亡させ、676年に唐を退けたことによって韓半島最初の統一
国家を築き上げました。統一後、安定した社会の中で洗練された華麗な統一新羅文化を発展させました。
8世紀後半から混乱期が始まり、新羅の国力は徐々に衰退していきました。結局、王権が建国した高麗
(918~1392)にたいして降伏し、新羅も滅亡しました。


新羅住居
新羅時代にこのような住居に
住んでいたとは驚きです!!

出土品

発掘により明らかになった統一新羅の宮苑池、月池
月池は1974年の浚渫工事の際に大量の文化財が発見され、1975年から約2年間の発掘調査を行われました。
その過程で西の池辺の石垣に沿って建てられた五ヶ所の楼閣跡を含め、31ヶ所の建物跡と船着場などの姿
が現れました。池の東南側の隅には入水施設が、北側には出水施設がありました。流水口には木の栓が嵌
められた状態のまま残っていました。池の床と周辺の建物跡からは瓦をはじめとし、3万点以上の多様な文化
財が出土しました。


バケツ
これは水を運ぶ
バケツではない
かとの説明でした

木製の舟
これは舟。現存する
一番古い木製の舟

水栓
発見された当時の水栓

実物
で、実物がこれ

海を連想させる形の月池

海を連想させる形の月池
月池は、南西側は直線であり、東北側はくねくねした曲線になっていて、どこから見ても池の全体
を見渡すことができません。それは月池をまるで海のごとく見せるための仕掛けだといわれていま
す。池の平面形と、中の三つの島の配置を分析し、この月池が世界初の東アジアの立体地図だと
主張する興味深い見解もあります。つまり、中央の韓半島を中心に、左は中国、右の大きい島は日
本、小さい島は済州島だと推定しているのです。


月池の出土分布
月池のどの部分から
何が出土したか説明

月池の模型
こちらが月池の模型

660年新羅の時代に
あったとは本当に驚き!

GIVENCHY似
最後はお土産の
キーホルダーを
購入。GIVENCHY
に似いてるね。と
言われましたが(笑)

障子の格子のデザ
インなんだそうです
日本にもあるかな?

以上

歴史好きな方にぜひ
オススメしたいです

続きはこちら

< 取材協力:日本空港ビルデング(株)、韓国空港公社>
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑これ満作です。ペシッ!と一発お願いします(笑)

■国立慶州博物館
■TEL (韓国) 054-740-7518
■慶尚北道 慶州市 仁旺洞 76
■慶州駅から約2kmタクシーで約5分
地図
35.830272,129.228267
(Google maps)
※地図はマップリンクしています
マップリンクの使い方

関連記事

| 羽田金浦FAMツアー | 21時25分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

明けましておめでとうございます

昨年は拙いブログを読んでいただきありがとうございました。
今年はどこかでお会いできたらいいですね。
本年もどうぞよろしくお願いします

| kotaro | 2016/01/01 00:58 | URL |

あけましておめでとうございます
本年もよろしくおねがいいたします

あちらにも歴女・歴男っているのかな?
好きな人にはたまらない遺物ばかりなのでしょうね(^.^)

| itchann | 2016/01/01 09:29 | URL |

Re: 明けましておめでとうございます

> 昨年は拙いブログを読んでいただきありがとうございました。
> 今年はどこかでお会いできたらいいですね。
> 本年もどうぞよろしくお願いします

kotaroさん、コメントありがとうございます
こちらこそ読んでいただきありがとうございました
今年もよろしくお願いします
どこかでお会いできることを祈っております

| 豊年満作 | 2016/01/01 15:46 | URL |

Re: タイトルなし

> あけましておめでとうございます
> 本年もよろしくおねがいいたします
>
> あちらにも歴女・歴男っているのかな?
> 好きな人にはたまらない遺物ばかりなのでしょうね(^.^)

itchannさん、コメントありがとうございます
明けましておめでとうございます
こちらこそよろしくお願いします

韓国にも歴史好きな方がいると思います。
しかし、盗賊に遭わずに残っていたとは
驚きでした!!

| 豊年満作 | 2016/01/01 15:54 | URL |















非公開コメント

http://www.mansaku-blog.jp/tb.php/4700-c5714492

PREV | PAGE-SELECT | NEXT