PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

贅沢、何してますか? 海外青年協力隊に参加した同僚の興味深い話

同僚と飲んだときの突然質問されました。

彼は海外青年協力隊でタンザニアに行ったことがあり、
興味深い話が多い・・・。

農業
(写真はイメージ)

彼を同僚Aとしましょうか・・・。

同僚A 「贅沢、何してますか?」

一同 し~ん

他同僚 「車? 家?」

満作 「はて? 旅行かな・・・」

同僚A 「自分はWOWOW」

満作 「は?月2,000円で!?」

同僚A 「そう、払わなくてもいいものを払う。これが贅沢!」

一同 「え~!?」

変わった考え方です(笑)
こういう発想できるのが海外青年協力隊の技量なのか・・・

北村

同僚A 「いやいや、WOWOWは冗談で。日本人のほとんどが何が贅沢か即答できない」

というのです。納得!

話は続きます。


海外青年協力隊は現地で大使館員並みのVIP待遇なんだそう。
立派な住居が貸与され、十分な生活費も出る。
でも、水飲みたくても綺麗な水が出ない。断水が当たり前で
水使いたくても使えない。
電気も停電が日常茶飯事。お金はあっても電気は買えない。

日本なら停電なんて起きるのはまれ。
水道はそのまま飲める。
お腹が空いたらコンビニで何でも買える。

タンザニアではインフラが整っていないから
電気が通るまで待つ。
断水が直るまで待つ。
水がないから料理は制限され
作れる食事も作れない。
物がないから選択できないという。

洗面所

日本にいれば何でもできる。
水は蛇口をひねれば出てくるし、
洗濯やシャワーに困ることはない。
水道水が口に合わないのなら
口に合うミネラルウォーター買えばよい。

テレビ見たければ好きな番組見ればよい。

旅行に行きたければ好きなところに行けばよい。

料理メニュー

食べ物は好きなもの選んで食べることができる。

職業は豊富にあり、選択することも可能。

日本にいれば選択する幅が多数あるが、
一部の国や地域では選択する自由さえもない。

すなわち

選択できるということは贅沢なことだ。
という話でした。


即答できない日本人。
それは選択があり過ぎて答えられないからかも・・・。

日本らしさ

満作は思った

日本にいることが最高の贅沢なのかも知れない

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑これ満作です。ペシッ!と一発お願いします(笑)
関連記事

| 未分類 | 22時32分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

かつて若い頃に海外協力隊の選考試験を受けたことがあります。
一次試験は通過しましたが、二次試験は受験せず。
理由はそれに前後して、彼女ができたばかりだったから。

目先のことに囚われ、貴重な人生経験を積む機会を逃したのかもしれません…(^^ゞ

| itchann | 2016/09/22 09:17 | URL |

日本にいることこそが…

間違いありません。
日本にも大変な思いをされている方々がいらっしゃることは間違い無いので
軽々に申し上げることができませんが…
私がアメリカ在住時代、お寿司屋さんの女将をしておりました(笑)
アメリカのレストランにはいろんな人種の方が働いておられます。
寿司職人は日本人 女将は私(一応 日本人 笑)
お皿だけさげる人 バスボーイはニカラグア人 キッチン担当はタイ人
ウエートレスさんはチェコ、ラトビア、ロシア人 お皿洗いの方はプエルトリコ人
ホンマにいろんな国の方々と働いていろんな話をして
ホンマに日本は恵まれている国と心から思った記憶があります。

まず、自由がある 一般的に病院には躊躇することなく行ける
アメリカ在住時代「メバチコ」(あっすみません! 「ものもらい」のことです)
500ドル 大体5万円請求されて卒倒しそうになりました。
アメリカでは、庶民は病院に行くのは少し勇気がいります。
春菜ことマイケルムーア監督の映画通り

日本で生まれたことに感謝ですね。

| 大阪のヌナ | 2016/09/22 11:38 | URL |

こんにちは(^^)

そうなんですよね(^^♪
私の北京赴任は大分便利になった後でしたが、10年くらい前の方は大変だったようです(^^♪
インフラは重要ですよね(^^)v
ポチと応援完了です。

| アキオロミゾー | 2016/09/22 19:32 | URL |

Re: タイトルなし

> かつて若い頃に海外協力隊の選考試験を受けたことがあります。
> 一次試験は通過しましたが、二次試験は受験せず。
> 理由はそれに前後して、彼女ができたばかりだったから。
>
> 目先のことに囚われ、貴重な人生経験を積む機会を逃したのかもしれません…(^^ゞ

itchannさん、コメントありがとうございます
合格していたとは!
やはりできる人は何でもできる!
海外青年協力隊に合格すると彼女、彼氏ができるって
ジンクスがあるそうです
幸せな家庭に恵まれたし
良かったんじゃないでしょうか
次回はシニアとして参加するのはどうでしょうか(^^)

| 豊年満作 | 2016/09/23 09:21 | URL |

Re: 日本にいることこそが…

> 間違いありません。
> 日本にも大変な思いをされている方々がいらっしゃることは間違い無いので
> 軽々に申し上げることができませんが…
> 私がアメリカ在住時代、お寿司屋さんの女将をしておりました(笑)
> アメリカのレストランにはいろんな人種の方が働いておられます。
> 寿司職人は日本人 女将は私(一応 日本人 笑)
> お皿だけさげる人 バスボーイはニカラグア人 キッチン担当はタイ人
> ウエートレスさんはチェコ、ラトビア、ロシア人 お皿洗いの方はプエルトリコ人
> ホンマにいろんな国の方々と働いていろんな話をして
> ホンマに日本は恵まれている国と心から思った記憶があります。
>
> まず、自由がある 一般的に病院には躊躇することなく行ける
> アメリカ在住時代「メバチコ」(あっすみません! 「ものもらい」のことです)
> 500ドル 大体5万円請求されて卒倒しそうになりました。
> アメリカでは、庶民は病院に行くのは少し勇気がいります。
> 春菜ことマイケルムーア監督の映画通り
>
> 日本で生まれたことに感謝ですね。

大阪のヌナさん、コメントありがとうございます
本当ですね
メバチコで5万円ですか!
いや〜信じられません
やはり日本が最高ですね(^^)

| 豊年満作 | 2016/09/23 09:40 | URL |

Re: こんにちは(^^)

> そうなんですよね(^^♪
> 私の北京赴任は大分便利になった後でしたが、10年くらい前の方は大変だったようです(^^♪
> インフラは重要ですよね(^^)v
> ポチと応援完了です。

アキオロミゾー さん、コメントありがとうございます
年とともにだんだん便利になっていきますよね
自分も一番初めに中国に行った時には
まだダイヤルアップでインターネット接続していて
繋がらないし、繋がっても遅くて・・・
今ではダイヤルアップなんてないですよね(笑)

| 豊年満作 | 2016/09/23 09:44 | URL |















非公開コメント

http://www.mansaku-blog.jp/tb.php/4927-73f04d40

PREV | PAGE-SELECT | NEXT